アパートを出るときに敷金が戻ってこなかった。
それだけでなく修繕費まで請求された。
とってもきれいに使っていたのに、どうして?

納得のいかないことは、そのままにしないで相談してみましょう。
本文へスキップ
敷金問題でお悩みの方、
私たち行政書士が解決します。
まずは無料相談をご利用ください。

敷金戻る? マンガで解説


  戻る場合?   戻らない場合?             


敷金問題相談センターは、
敷金問題を解決する専門家集団です!


原状回復や敷金返還って何のこと?   国土交通省 ガイドライン ☜クリック

  • 原状回復とは、賃借人が入居時の状態に戻すということではありません。
     判例・学説の多数は、賃借人の原状回復義務を、賃借人が賃借物を契約により定められた使用方法に従い、か つ、社会通念上通常の使用方法により使用していた状態であれば、使用開始時の状態よりも悪くなっていたと してもそのまま賃貸人に返還すればよいとしています。
     したがって、賃借人の故意や不注意、通常でない使用方法等により賃借物に汚損・破損などの損害を生じさせ た場合は、その損害を賠償することになります が、汚損や損耗が経年変化による自然的なものや通常使用に よるものだけであれば、特約が有効である場合を除き、賃借人がそのような費用を負担することには なりま せん。
  • 敷金は、賃借人が賃料を滞納したり、賃借人が不注意等によって賃借物に対して損傷・破損を与えた場合等の損害を担保するために、賃借人から賃貸人に対して預け入れるものです。
     賃料が滞納されたり、賃借人の不注意等によって損害を受けた場合に、賃借人がその損害等を支払わないこと がないように、担保として賃貸借契約に付随して賃 貸人が賃借人から預かるのが敷金です。このような性質 を有する金銭は、名目の如何を問わず、-例えば保証金という名目であっても-敷金です。
     したがって、賃借物の明け渡しまでに、未払賃料や損害賠償金債務等、賃貸人に対する賃借人の債務が生じて いなければ、敷金は賃借人に対してその全額が返 還されることになります。賃借人の故意や不注意、通常で ない使用方法等により賃借物に損傷・汚損等を生じさせていてその損害を賃借人が賃貸人に対して支 払って いない場合には、賃貸人はその損害額を敷金から差し引いた残額を賃借人に返還することになります。

NEWS新着情報

2013年8月1日
サイトをオープンしました。

バナースペース




































敷金問題相談センター

〒065-0031
札幌市東区北31条東6丁目2-13-106

TEL 011-790-7349
FAX 011-790-8892