本文へスキップ

敷金問題相談センター方針CONCEPT

センター方針

敷金問題相談センターは法律専門職の行政書士によって構成されております。行政書士は法律専門国家資格者の中でも特に幅広い業務範囲を持ち、国民の生活に密着した法務サービスを提供しており、高い倫理観を持って職務にあたるよう心がけています。行政書士は社会調和を図り、誠意をもって公正・誠実に職務を行うことを通じ、国民と行政との絆として、国民の生活向上と社会の繁栄進歩に貢献することを使命としています。

1.素早いフットワークで対応いたします
  お客様がお忙しく、当センターでのご面談のお時間がない場合などにも、フットワー  クよく対応させていただきます。会社、ご自宅、もしくはご指定先での面談も可能   です。 

2.秘密厳守
  行政書士は国家資格であり、行政書士法第12条で守秘義務が定められておりますの  で、安心してご相談いただけます。

3.他士業事務所との充実した協力関係
  弁護士、税理士、社会保険労務士、司法書士など他士業者との協力関係も充実してお  ります。的確なアドバイスはもちろん、他士業事務所のご紹介も無料で対応させてい  ただきます。原状回復関係以外でも、お気軽にご相談ください。


行政書士とは?

CEO




北海道行政書士会マスコットキャラクター

たくまくん

行政書士は、行政書士法(昭和26年2月22日法律第4号)に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

行政において福祉行政が重視され、国民生活と行政は多くの面に関連を生じることとなり、その結果、住民等が官公署に書類を提出する機会が多くなっています。又、社会生活の複雑高度化等に伴い、その作成に高度の知識を要する書類も増加してきています。
行政書士が、官公署に提出する書類等を正確・迅速に作ることにより、国民においてその生活上の諸権利・諸利益が守られ、又行政においても、提出された書類 が正確・明瞭に記載されていることにより、効率的な処理が確保されるという公共的利益があることから、行政書士制度の必要性は極めて高いと言われています。

業務は、依頼された通りの書類作成を行ういわゆる代書的業務から、複雑多様なコンサルティングを含む許認可手続きの業務へと移行してきており、高度情報通信社会における行政手続きの専門家として、国民から大きく期待されています。


バナースペース

敷金問題相談センター

〒065-0031
札幌市東区北31条東6丁目2-13-106

TEL 011-790-7349
FAX 011-790-8892